チャーター機は旅を豪華に演出してくれます!

今年のゴールデンウィークに挙式を上げました。
新婚旅行は私が常々訪れたいと思っていた宮古島へ、3日間の旅をしてきました。
サプライズで夫が青森空港から宮古島までチャーター機を予約してくれており、すごく驚きました。
チャーター機を予約しているなんて夢にも思わなかったので凄く貴重な体験をさせて貰いました。

チャーター機は広さはあまりありませんでしたが、私たちだけが搭乗しているという、何か特別感みたいなものがありました。
窓もすぐ隣にある状態だったので、宮古島までの空の旅を独り占めしているような感覚です。

乗り心地も大変良く、多少風に煽られやすいのかなと思いますが、快適に宮古島まで行くことが出来ました。
添乗員の方が同乗して下さり、各箇所で説明を受けながら空の旅を満喫しました。

宮古島に着いてからは、ホテルに荷物を預け、クルーズ船に乗り込みました
クルーズ船から覗いた海は透明感があり、海面を泳いでいる魚はもちろんのこと、海底の砂まで見えるほどでした。
海底の砂は白く、珊瑚の骨が流れ着き、敷き詰められているそうです。
夕食は和食と琉球懐石が融合した新しい料理を頂きました。

沖縄の海で獲れた新鮮な魚介類や、アグー豚などのブランド肉など高級感あふれるお食事でした。
海ブドウのプチプチをした食感や、沖縄名物ソーキそばの沖縄伝統の味を楽しみました。
翌日は、セグウェイに乗ってフィールド観光へ行ったり、ハンモックヨガ、ネイチャーツアー、ダイビングなど、宮古島を余すところなく楽しむ体験をしました。
前日に見た宮古島の海に潜ったときは、上から見る海よりもずっと綺麗で感動しました。

夫も、出来る事ならこのまま意味に浮かび続けていたいと言っていました。
こうやって楽しんでいるうちに宮古島の旅行も最終日になり、私たちは青森に帰る時間になりました。
帰りの便もチャーター機です。

宮古島空港からチャーター機で青森空港まで送ってもらいました。
帰りの便も行きと同様に絶景の空の旅でした。
帰りはほどほどに疲れていたので、旅客機と違い周りの人に気兼ねすることがなく、のびのび出来ました。

後に夫から聞いたのですが、旅行プランにプライベートチャーター機とクルーズ船、添乗員付きのオプションが着いたプランを予約していたそうです。
むしろそんなに豪華な旅行プランがあるのか、とそっちに興味が行ってしまったのですが、値段も手ごろで本当に夢のような体験が出来るので、もっと広く知られて欲しいと思います。